虹を描く窓

「角本丈治 hallu.glasswork展」開催中です。
角本さんはステンドグラス・アーティストです。今回もステンドグラス作品を展示していますが、このプレートの透明なガラスの部分は三角柱の形、すなわちプリズムになっています。これを窓にすると、外から射しこんでくる光とその方向によって、室内の様々な位置に虹を描く仕組みです。
b0165562_14254178.jpg
b0165562_14255268.jpg
下の写真の額は、墓碑のデザイン見本なのだそうです。近年、家墓ではなく個々にお墓をたてることが増えているそうで、その際、これまでの墓石とは違って、ほかの素材を用いた墓碑・墓標のようなデザイン墓石を希望されることもあるそうです。角本さんは、そうした要望にも応えておられて、依頼された方に、より確かなイメージを伝えるために、こうした実際にガラスを用いたデザイン案を作っておられます。
b0165562_14260772.jpg
身につけるアート作品としてのアクセサリー、暮らしに彩りを添えるステンドグラスや灯り、そしてお墓まで。生活とガラスのかかわりの多様性を実感できる展覧会です。


by bazarez | 2018-10-31 14:26 | 企画展示
<< hallu.ランプ hallu.アクセサリー >>