日田正幸写真展「撮っておきの佐渡Ⅱ」初日

b0165562_18462755.jpg
b0165562_18463578.jpg
今年最初の展覧会、日田正幸さんの写真展が今日から始まりました。日田さんも会場でいろんなお話を聞かせてくださいました。
前回は佐渡島の植物を撮影した作品を中心に展示しましたが、今回は風景写真中心のセレクト。前回同様、一点ずつに日田さんによる解説が添えられています。
日田さんは、現在は佐渡に暮らし、ガイドを務めておられます。今日は日田さんが出演されたNHK-BS「にっぽんトレッキング100」の録画を観ながら、エピソードなどもうかがいました。
お話の中で特に意外に思えたのは佐渡島の広さ。日本の島の中では沖縄本島に続く第2位の面積(854.07平方km)を誇っていて、観光に訪れる人たちには一泊二日の日程の方が多いそうですが、それではまったく時間が足りないそうです。広島市の面積は現在906.5平方kmですが、2005年に佐伯区に湯来町が編入されるまでは、広島市よりもうんと広かったということになりますね。
この写真展は27日(土)まで無休で開催します。日田さんは最終日にもおいでになる予定です。

レストバザレには、7月に展示会を予定している酒井真知子さんデザインの服を展示しています。


[PR]
by bazarez | 2018-01-16 18:48 | 企画展示
<< 今年最初のフラワーアレンジメント教室 日田正幸さんの写真展 1月16日から >>