<   2017年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

11月のお知らせ

「辻田恭子展/colors」は先週の土曜日(10月28日)に終了しました。辻田さんとの交流や多彩な展示内容だけでなく、会期中に二つの台風が接近するという事態でも印象深い展覧会となりました。

ホームページを更新し、11月のイベント・企画展のお知らせをしています。
11月3日・4日の二日間、第3回バザレ文化祭を開催します。バザレで開講しているフラワーアレンジメント教室と篠笛教室の発表会です。フラワーアレンジメント講師のグループ「サムシング・フォー」の皆さんの賛助出品もあり、毎回見応え十分の内容だと好評をいただいています。
過去2回の様子は、こちらをご覧ください。第1回 第2回
b0165562_17230413.jpg
b0165562_17231259.jpg
11月14日(火)からは、隔年開催で4回目となる櫻井はるみさんの「織りの服」展を開催します。毎回お祭りのような雰囲気になる人気の展覧会。AZUSAさんのフェルト作品にも注目です。


[PR]
by bazarez | 2017-10-30 17:24 | 企画展示

原点にプラス

辻田恭子展/colors」開催中です。
b0165562_18474180.jpg
b0165562_18482577.jpg
写真は、創作の原点ともいえる版画作品に銅線を配したシリーズ。
複数芸術(マルティプル・アート)に関心を持った辻田さんは美大で版画を専攻。刷った枚数だけオリジナルが存在することになる版画は、一点物の絵画作品よりもコスト面で有利で、それだけ「身近なアート」となります。
日常へのアートの浸透という辻田さんの創作のテーマにも通じる手法ですが、そこにあえて手を加えて一点ものとするという「サービス」が試みられています。


[PR]
by bazarez | 2017-10-25 18:48 | 企画展示

銅と自然物

辻田恭子展/colors」開催中です。
b0165562_18243023.jpg
写真は「環」と題されたシリーズ。
堅牢な印象の作品の中に、先日ご紹介した「朝食のあとに」シリーズでも使われていたアボカドの果皮をはじめ、オクラやマンゴーの種など、加工されているとはいえ変化の危うさを感じさせる材料が置かれています。
「朽ちていく」という現実にも「美」が宿っているのを感じるという辻田さんが「歳月を経て変化していき、土に戻り、また生まれて歳月を重ねていく」という循環の視覚化を試みた作品です。

[PR]
by bazarez | 2017-10-24 18:25 | 企画展示

簡単には、はずれません

辻田恭子展/colors」開催中です。
b0165562_17483511.jpg
先日ご紹介したコンテンポラリー・ジュエリー「マニキュアRingシリーズ」には、指輪でありながら「輪」の部分がないものもあります。
b0165562_17484262.jpg
写真のようにして使うのですが、簡単にはずれてしまいそうで、そんなことはありません。
b0165562_17484884.jpg
「指を開くと落ちちゃいますよね」と言う方もいらっしゃいますが、ね、そんなことないでしょ。指の太さにうまく合えば、いっそうはずれにくくなります。


[PR]
by bazarez | 2017-10-23 17:53 | 企画展示

あなたは?

辻田恭子展/colors」開催中です。
b0165562_17062159.jpg
b0165562_17062953.jpg
写真は「朝食のあとに」と題されたシリーズ作品。材料は銅とアボカドの果皮です。
栄養価が高く健康によいと聞いてアボカドを食べていた辻田さんは、残ったアボカドの皮が乾燥していくうちに置き方によっても形状が違ってくることに気づき、何だか捨てがたくなったそうです。
乾燥した皮を見ているうちに、「健康のため」と言ってメキシコなど遠く海外から輸入されているものを食べていることに疑問を感じたり、いろいろと考える中で形になっていったのが、このシリーズなのだそうです。
展覧会初日のギャラリー・トークの最後に、辻田さんは「考える、考え続けることが美術の仕事だと思っています」とおっしゃいました。
「私は、こう考えるんだけど、あなたは?」
もちろん反対してもいいし、まったく違うことを考えたり、ただ楽しむだけでもよいのだと思います。
「朝食のあとに」シリーズには、プラスチック素材の形状記憶ワイヤーを用いたネックピースもあります。


[PR]
by bazarez | 2017-10-21 17:07 | 企画展示

定まらない、決めつけられない

辻田恭子展/colors」開催中です。
バザレで、また、広島においても初めての個展なので、今回はあえて辻田さんの複数の手法をご紹介しています。中でもコンテンポラリー・ジュエリーは、とびきりユニークな発想と形状で注目を集めています。
b0165562_17521009.jpg
b0165562_17521847.jpg
写真は「マニキュアRingシリーズ」。銅や真鍮、洋白(五百円硬貨に使われている合金)から成形されており、マニキュアで彩色されています。
このシリーズは、海外で生活している時、すれ違いざま「Yellow!」と言われたことをきっかけに制作されたそうです。
「人を色に例える時、肌の色で限られた色に決めつけるのは変じゃない? その時の気分で様々な色、そして形に例えることができるんじゃないの?」
だから、マニキュアで自由に色付けできて、ツメの色とコーディネートもできる作品になりました。人種差別に対するアイロニーであり、身につけることでそんな問題を考えるきっかけになり、コミュニケーションの入り口にもなる「身につける現代彫刻」です。
けれど、理屈抜きで年齢性別を問わず楽しめるのも魅力。今、ここでしか手に入らないジュエリーとしても、個性を大切にする皆さんにアピールしています。


[PR]
by bazarez | 2017-10-19 17:57 | 企画展示

辻田さんからのメッセージ

辻田恭子展/colors」開催中です。
辻田さんが昨日、ご自身のフェイスブックに投稿された記事を以下に転載させていただきます。
b0165562_14064877.jpg
今日から始まった個展のご案内です。
広島のギャラリー・バザレでの開催です。
ある作家さんが身につけておられたブローチにオーナーさんが興味を持ち、私を探してくださいました。
広島での展覧会は初めてですが、この地への思いには特別なものがあります。
夏に打ち合わせでうかがった時、スタッフの方が広島の街を案内してくださいました。その後、一人でも歩いてみました。
原爆投下直後の映像や被爆者の方々の証言を収めたビデオ映像は、やはり衝撃的です。海外から来られた方々も熱心に見ておられました。世界中の人々に見てほしいと思います。
この広島で、私の思い、主張をこめた作品を見ていただけることをうれしく思います。
8月にお話ししたことをDMに的確にまとめてくださっています。楽しみながら、親しみながら、私の思いも感じていただけたら、うれしいです。
お近くの皆様、どうぞご高覧くださいますよう、お願いいたします。
(2017年10月17日 辻田恭子)


[PR]
by bazarez | 2017-10-18 14:07 | 企画展示

「辻田恭子展」初日

b0165562_18420718.jpg
今月の企画展「辻田恭子展/colors」初日。降り続いた雨も上がって、無事にスタートすることができました。
見ごたえのある現代美術作品、とびきりユニークなコンテンポラリー・ジュエリーを多数展示しています。
今日は午後2時から、辻田さんによるギャラリー・トークを開催。制作の原点から、手法、作品にこめた思いなど、約30分話してくださいました。
10月28日(土)まで、無休で開催しています。

[PR]
by bazarez | 2017-10-17 18:43 | 企画展示

今月の企画展示

b0165562_14041371.jpg
b0165562_14041952.jpg
バザレの今月の企画展は「辻田恭子展/colors」。一週間後に初日を迎えます。
辻田さんは、版画や彫刻など、さまざまな素材を使った平面・立体作品やインスタレーションを手がける一方で、その感性をジュエリー作成にも注いで国内外で人気を集めているアーティストです。今回の広島での初個展では、ジュエリー作品を中心に、大きな作品も数点出品される予定です。
案内状は、8月末に、この展覧会の打ち合わせのために来廊された辻田さんから直接お話をうかがって作成しました。「たとえば主婦の方が現代美術の作品を気に入って購入したいと思ったとしても、やっぱりご主人やご家族と相談してからということになります。でも、その作品がジュエリーであれば自分自身で決めることができるでしょう」とおっしゃった時に、なるほどと思いました。
かつて会ったアーティストの中には「自分の表現を理解できる人だけが観てくれればよい」といった発言をして、よりよく理解してもらったり親しんでもらうための工夫を露骨に拒否する人もいました。辻田さんは鑑賞する人たちに積極的に歩み寄ることで、日常へのアートの浸透を試みておられます。個展会場で自ら作品を身につけてジャズを歌うパフォーマンスも、作家や作品と人々の距離を縮めるための工夫です。
今回は初日(10月17日)の午後2時からギャラリー・トークをしていただくことになりました。その時間以外でも、きっといろんなお話をうかがうことができると思います。


[PR]
by bazarez | 2017-10-10 14:05 | 企画展示

今月のフラワーアレンジメント

b0165562_13491533.jpg
昨日、今月のフラワーアレンジメント教室(講師は中原美由紀さん)を開催しました。
今回は「ハロウィン・アレンジメント」。小さなパンプキンがポイントですが、白いリンドウも印象的です。
バザレのフラワーアレンジメント教室は、基本的に毎月第一木曜日に開催しています。いつからでも、一回だけでも受講できて入会金は不要。受講料は材料費込み4,500円です(事前に参加をご確認してから人数分の材料を準備しますので、当日欠席の場合は材料費だけご負担いただきます)。どうぞお気軽にご参加ください。見学も自由です。

毎月第一または第三水曜日の午後8時から、しの笛教室も開いています(講師は石原千穂子さん)。こちらも、いつからでも始めることができます。月謝は2,500円。入会費としてテキスト2冊と練習用の笛(プラスティック製)の代金10,000円をいただいています。くわしくは、お問い合わせください。

そして、お知らせです。バザレ文化祭を11月3、4日に開催します。フラワーアレンジメント教室の発表と、しの笛教室の演奏発表を行います。フラワーアレンジメント教室の作品発表には、中原先生が参加しておられる講師のグループ「サムシング・フォー」の賛助出品も予定されています。詳細は、後日あらためてお知らせします。


[PR]
by bazarez | 2017-10-06 13:49 | 趣味講座