<   2016年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「かなたのほかげ」終了しました

梅田美春さんの染布展「かなたのほかげ」は本日、終了しました。連日たくさんのご来場ありがとうございました。
b0165562_21493032.jpg
梅田さんには、中倉まり子さんとの二人展も加えると5年連続で展覧会をお願いしました。特に一昨年からの個展は、先日もお伝えしたように三部作として取り組まれ、世の中の様々な出来事とも気持ちを絡めながらの大きなお仕事となりました。バザレにとっても記念碑的なイベントになったと思っています。
これから先、梅田さんがどのように活動されるのか、くわしくはうかがっていません。制作意欲は尽きない方でしょうから、きっとまた素敵な新作を拝見できるでしょう。応援し続けたいと思っています。

■貸し展示場「レストバザレ」予約受付中です
■Facebookページをご覧ください
※安川沿いのバザレビル正面にはどこでも駐車できます。
[PR]
by bazarez | 2016-05-28 21:51 | 企画展示

雨天でも盛況

梅田美春さんの染布展「かなたのほかげ」開催中です。
b0165562_18104524.jpg
今日は会期中初めての雨天となりました。気象レーダでは間もなく上がりそうにも見えるのに、結局降り続き……。
雨雲がこのあたりから動かない、あるいは動いたようでも霧のように降り続くということが近年増えました。初日前日には一昨年の大規模な土砂災害をもたらしたのとほぼ同じ位置に強い雨を降らせる雲が停滞して一時は暴風雨となり心配しました。
このような天気の日だから、あまりご来場いただけないかと思っていたら、開場直後から次々とお客様が。それが夕方まで続きました。ありがたいことです。
今回はレストバザレも会場としたので、こちらもいつも以上に多くの皆様にご来店いただき、貸し会場レストバザレをより知っていただく機会になっています。
「梅田美春染布展/かなたのほかげ」は今週土曜日(28日)まで。27・28日には再び梅田さんが在廊される予定です。

■貸し展示場「レストバザレ」予約受付中です
■Facebookページをご覧ください
※安川沿いのバザレビル正面にはどこでも駐車できます。
[PR]
by bazarez | 2016-05-25 18:12 | 企画展示

使い方は自由

梅田美春さんの染布展「かなたのほかげ」開催中です。
「布」ですから使い方の自由度は高いと思います。のれんやタペストリーとして展示しているものも、たとえばテーブルセンター(テーブルクロス)として使ってみてはいかがでしょう。
b0165562_18103567.jpg
ストールのように羽織ったり腰に巻くこともできます。
思い切って服やクッションカバーに仕立てたり、以前にも何度かご紹介したようにバッグを作ってみても楽しいですよ(贅沢な使い方ですけどね!)。
b0165562_18105368.jpg
額装して絵画のように鑑賞するのもよいでしょう。
いろいろ工夫して、長くつきあっていただければと思います。

■貸し展示場「レストバザレ」予約受付中です
■Facebookページをご覧ください
※安川沿いのバザレビル正面にはどこでも駐車できます。
[PR]
by bazarez | 2016-05-22 18:11 | 企画展示

年中使える絹のストール&スカーフ

梅田美春さんの染布展「かなたのほかげ」開催中です。
b0165562_1525488.jpg
b0165562_1531915.jpg
b0165562_1533412.jpg
梅田さんの個展で大人気、絹の肌触りも心地よいストール、スカーフです。いつも早々に売り切れになってしまうので、今回は多めにお願いしました。
帽子やバッグのアクセントにもするなど、いろいろ工夫して年中ご愛用いただいています。

次の作家在廊日は、27・28日(最終日)の予定です。

■貸し展示場「レストバザレ」予約受付中です
■Facebookページをご覧ください
※安川沿いのバザレビル正面にはどこでも駐車できます。
[PR]
by bazarez | 2016-05-21 15:03 | 企画展示

「かなたのほかげ」額絵も好評

梅田美春さんの染布展「かなたのほかげ」開催中です。
b0165562_1631588.jpg
梅田さんの作品の大きさ、ダイナミックな線や色づかいから、「みはる」さんという女性ではなく、「よしはる」さんという男性の手によるものだと思われる方も少なくありません。実際に梅田さんとお会いになった方々の多くは、頑強なイメージからはほど遠い大変に華奢な外見と作風のギャップに驚かれます。それゆえ「その力を分けてもらいたいから」と言って作品をお求めになる方もいらっしゃいます。
b0165562_1624552.jpg
今回、梅田さんは「会場に対して作品数が少なく見えたら申し訳ないから」と、額装した絵を23点持ってこられました。染布作品だけで会場はできあがったのですが、この額絵もぜひ見ていただきたくてレストバザレに展示しました。染料、墨、水彩えのぐ、クレヨン、ボールペンなどを使って月桃紙に描いたもので、ご覧になった方々からは「梅田さんのこんな作品を見るのは初めて」「梅田作品のエッセンスを見るようだ」等々のお声をいただいています。
初日、今日と晴天が続き、多くの皆様にお越しいただいて、うれしいスタートが切れました。作家在廊は明日まで。27・28日(最終日)にもいらっしゃる予定です。

■貸し展示場「レストバザレ」予約受付中です
■Facebookページをご覧ください
※安川沿いのバザレビル正面にはどこでも駐車できます。
[PR]
by bazarez | 2016-05-18 16:03 | 企画展示

フラワーアレンジメント教室

b0165562_18432579.jpg
今日はフラワーアレンジメント教室(講師は中原美由紀さん)を開催。3月26・27日に「バザレ文化祭」を開催したので、4月の教室は休み、今月も第一木曜日は祝日だったので今日の開催となり、とてもひさしぶりな感じでした。
b0165562_1844596.jpg
b0165562_18442360.jpg
今回は新しく参加された3人の生徒さんたちにはユリ、キンギョ草、トルコキキョウ、スターチス、スプレーカーネーション、ナデシコと麦を使った「テーブルアレンジ(写真左)」を楽しんでいただき、従来からの生徒さんたちはスターチス、トルコキキョウ、トクサ、クレマチス、スカビオサ、スプレーカーネーションを使った「直線と交差のアレンジ(写真右)」に取り組みました。
b0165562_1844432.jpg
バザレのフラワーアレンジメント教室は、いつからでも、一回だけでも受講できて入会金は不要。受講料は材料費込み4,500円です。事前に参加をご確認してから人数分の材料を準備しますので、当日欠席の場合は材料費だけご負担いただきます)。どうぞお気軽にご参加ください。見学も自由です。

バザレでは中原先生の二胡教室も開講し、今月から生徒さんを募集しています。

また、毎月第一・第三水曜日の午後8時から、しの笛教室も開いています(講師は石原千穂子さん)。こちらも、いつからでも始めることができます。月謝は4,000円。入会費としてテキスト2冊と練習用の笛(プラスティック製)の代金10,000円をいただいています。くわしくは、お問い合わせください。

■貸し展示場「レストバザレ」予約受付中です
■Facebookページをご覧ください
※安川沿いのバザレビル正面にはどこでも駐車できます。
[PR]
by bazarez | 2016-05-12 18:46 | 趣味講座

「かなたのほかげ」案内状

17日(火)から始まる梅田美春さんの個展「かなたのほかげ」の案内状です。
b0165562_13153173.jpg
b0165562_1316434.jpg
この案内状の作成には今までで一番苦心し、時間を要しました。何に苦心したかというとタイトルです。
一昨年の「そらのきざし」というタイトルと紹介文が思わぬ好評を得て、昨年は同様の路線でという梅田さんからのご要望で「こころのみなも」と題しました。これもずいぶんと時間をかけて考えたのですが、そこで苦心したくらいですから、今回はもっと。誇大な感じや宗教めいた印象になるのは避けたいし、「○○の○○」という形にしたかったので、いっそう。
この案内状の写真面は、おそらくバザレで作ったものの中だけでなく、梅田さんのすべての作品展の中でも最もダークなものだと思います。作品そのものは大きなもので、その印象を148×100mmの中におさめるには本来無理があります。梅田さんの個展では、いつも悩むところです。でも、今回は思い切って「これを使いたい」という作品を使いました。
もちろん、いつも大人気のスカーフなど、身につけて楽しんでいただける作品も展示します。多くの皆さんにご覧いただきたいと願っています。

■貸し展示場「レストバザレ」予約受付中です
■Facebookページをご覧ください
※安川沿いのバザレビル正面にはどこでも駐車できます。
[PR]
by bazarez | 2016-05-10 13:19 | 企画展示

今月の企画展

ギャラリー・バザレ 5月の企画展は、17日(火)から梅田美春さんの染布をご覧いただきます。
1988年6月に営業を始めたバザレで、梅田さんがご自身の初個展を開いてくださったのは1994年5月。バザレを最初期から支えてくださったお一人です。
今回のタイトルは「かなたのほかげ」としました。梅田さんからお話をうかがって考えたのですが、一昨年の「そらのきざし」、昨年の「こころのみなも」との三部作を成すものです。

b0165562_13173364.jpg
「そらのきざし」は、年齢を重ねる中で、現実(地上)の自分の有り様が、実はうんと大きなもの(宇宙)と通じているのではないかと思うようになっていく、そんな不思議がテーマでした。

b0165562_13181178.jpg
「こころのみなも」は、そんな不思議を思いつつも、やはり、自身を、そして人々を翻弄する現実の中で揺らめく心模様がテーマ。広島で起こった大きな土砂災害も経る中での作品展でした。

そして今回の「かなたのほかげ」。次々と起こる事故や事件に不穏な流れを感じる中で自分にできることは何かということを考えました。梅田さんは「作り続けることに思いを込めよう、それしかない、それしかできない」と思ったそうです。そこに人それぞれの祈りの形を見たように思い、テーマとさせていただきました。

最初はお客様として知り合い、大切な初個展の会場に選んでいただいてから13回の展覧会を共に重ねてくることができた四半世紀近いおつきあい。「そらのきざし」「こころのみなも」「かなたのほかげ」を、その年月の中で築かれた信頼の結実と信じつつ、準備を進めています。

■貸し展示場「レストバザレ」予約受付中です
■Facebookページをご覧ください
※安川沿いのバザレビル正面にはどこでも駐車できます。
[PR]
by bazarez | 2016-05-02 20:25 | 企画展示