「長嶋貴子 ガラス+α 展」 5月9日から開催

b0165562_15152258.jpg
b0165562_15153022.jpg
今日は、4月29日から5月5日までの間で、バザレ唯一の営業日ですが、次々とお客様においでいただいて、ありがたく思っています。
連休明けの9日、来週の火曜日から、企画展「長嶋貴子 ガラス+α展」が始まります。神奈川県藤沢市出身で、現在は金沢市で活動中のガラス作家・長嶋貴子さんの、バザレでは初めての個展です。
長嶋さんの作品が初めてバザレにやってきたのは、2004年12月のグループ展。以後、そのインパクトの強い作品をずっと見続けてきたので、とっくに個展を開催したものと思いこんでいました。
宙吹きでつくったガラスに、エナメル原料を使った絵付けと焼き付け定着をくり返す長嶋さんの作品は、そんな手間と集中力を要する工程を経た作品とは思えないほど明るく弾けた感性に満ちています。
その鮮やかな印象を写真で伝えるのは難しく、ぜひ直接ご覧いただきたい、触れていただきたいと思います。
器やアクセサリーなどのガラス作品に加えて、布用のメディウムを混ぜたアクリル絵具で一点ずつ手描きされたTシャツやバッグも展示します。


[PR]
by bazarez | 2017-05-02 15:18 | 企画展示
<< 長嶋貴子さんの個展、始まりました 陶人形を老人ホームへ >>