11月の企画展

次回の企画展は「松山郁子陶人形展/ここに射した光」を11月22日から12月3日まで無休で開催します。
松山さんはバザレのオーナー・土井美智子の叔母ですが、ここでは一人の人形作家としてご紹介したいと思います。
b0165562_13471399.jpg
幼少の頃から人形が大好きだった松山さんは、日本人形を製造販売する会社に勤めながら、桐塑人形にも取り組んでいました。65歳頃から視力が落ち始める中で精緻な技法を用いるのが難しくなり、陶芸で人形づくりを続けることを思いついたそうです。
2000年3月にバザレで個展を開催。その後、一人暮らしの義姉の介護をするために夫婦で上京し、一昨年、広島に帰ってこられました。長い東京暮らしの間にも続けていた陶人形づくりの成果を85歳となった今、披露して、自身の半世紀近くにわたる人形づくりの「総まとめ」にしたいそうです。
ホームページに掲載している写真のような大きめの作品から、上の写真のようなかわいらしい作品まで、多数展示します。

■貸し展示場「レストバザレ」予約受付中です
■Facebookページをご覧ください
※安川沿いのバザレビル正面にはどこでも駐車できます。近くにも3台分の駐車場があります。
[PR]
by bazarez | 2016-10-28 13:48 | 企画展示
<< フラワーアレンジメント教室 角本丈治さんの個展、終了しました >>