二つの特別展示

現在、常設特別展示「田上惠美子の蜻蛉玉 / リムルの古代ジュエリー」と「森原明良の額~バザレでの交友から生まれた額」を同時開催しています。
b0165562_20571566.jpg
片桐光治さんが主宰する工房リムルのジュエリーは、古代遺跡から出土した玉石やトンボ玉を使った作品。今回の展示にあたって、石について調べてみました。石にはいろんな意味や力があると信じられていて、今ではインターネットで調べれば、いろんな情報が得られます。会場には、そうした情報をまとめたレジュメも用意しました。「パワーストーン」として見ると、また違った印象で楽しむことができます。
b0165562_20573021.jpg
森原さんの額の展示も大変に好評です。写真は、会場でひときわ目を引く作品。これはハガキ用の額です。昨年解体された築82年の家の床の間に使われていたケヤキの床板が材料です。どのように使おうかと見れば見るほど、これだけの材料を使って仕事をした大工さんたちや、その板の上に刻まれた生活の痕跡に畏敬して、切り刻むことができなくなったそうです。したがって額として開けたのも、小さくハガキ大。
今日は森原さんの在廊日で、そうしたエピソードをお客様に丁寧に説明してくださいました。明日・明後日は休廊ですが、どうしても日・月曜日でないとご来場いただけない場合は事前にお電話でご相談ください。次回の森原さんの在廊予定日は20日(水)。22、26、28日、3月2日にもおられます。
※安川沿いのバザレビル正面にはどこでも(テナント前も)駐車できます。駐車スペースを少し広げました。また、徒歩3分のところにも3台分の駐車場があります。
[PR]
by bazarez | 2013-02-16 21:01 | 企画展示
<< 明日が最終日 「森原明良の額」始まりました >>