ラピスの青

常設特別展示「田上惠美子の蜻蛉玉 / リムルの古代ジュエリー」好評開催中です。
b0165562_1435170.jpg
片桐光治さんが主宰する工房リムルのアクセサリーは、古代遺跡から出土した玉石やとんぼ玉を用いています。金、ダイヤ、サファイア、クリスタル、アメジストなどをが時空を超えて現代によみがえった作品です。
中でも、ラピスラズリは男性にも人気のある玉石。「真珠の耳飾りの少女」などで大人気のフェルメールの絵画で印象的な青色は、このラピスラズリからつくられる顔料によるものですが、当時は純金と同じくらい高価な石だったそうです。
今回は、ラピスラズリと金や銀を組み合わせたネックレス、イヤリングを展示しています。
※安川沿いのバザレビル正面にはどこでも(テナント前も)駐車できます。駐車スペースを少し広げました。また、徒歩3分のところにも3台分の駐車場があります。
[PR]
by bazarez | 2013-01-31 14:04 | 企画展示
<< 森原明良さんの額展 会場プチレンタルを始めます >>