フラワーアレンジメント教室

6月29日にご紹介した花樹は「ギンバイカ(銀梅花)」だということがわかりました。ローマ時代から女神に捧げる花として用いられたり結婚式の飾りに使われるので「イワイノキ(祝いの木)」と呼ばれたり、葉も香ることから「ギンコウバイ(銀香梅)」と呼ばれたりもするようです。
b0165562_1892596.jpg
さて、今日は、フラワーアレンジメント教室の開催日(講師は中原美由紀さん)。ファレノプシス、コチョウラン、スプレーカーネーション、コチョウラン、グリーンアップル、ミスカンサスなどを使って、七夕アレンジメントを楽しみました。
バザレのフラワーアレンジメント教室は、いつからでも、一回だけでも受講できて入会金は不要。材料費込みの受講料4,000円をいただいています(事前に参加をご確認してから人数分の材料を準備しますので、当日欠席の場合は材料費だけご負担いただきます)。どうぞお気軽にご参加ください。見学も自由です。
また、毎月第一・第三水曜日の午後8時から、しの笛教室も開いています(講師は石原千穂子さん)。こちらも、いつからでも始めることができます。月謝は4,000円。入会費としてテキスト2冊と練習用の笛(プラスティック製)の代金10,000円をいただいています。くわしくは、お問い合わせください。
※バザレビルの東側の駐車場が使えなくなりました。今後はビル正面(安川沿いの道路側)のスペースをご利用ください。
「神の国に継がれた紙/斐伊川和紙展」 7月17日(火)から会期中無休で開催
[PR]
by bazarez | 2012-07-05 18:10 | 趣味講座
<< 七夕アレンジメント 巣立ちました >>