和紙の茶杓

「斐伊川和紙/七代目・井谷伸次の仕事」好評開催中です。
今回の展覧会を通して、和紙はアイデア次第でさまざまな形で活かすことができ、遊べるものであることがわかってきました。
b0165562_21145097.jpg
写真は和紙で作った茶杓。紙の茶杓なんて何だか心許ない感じですが、これがちゃんと使えるので面白い! バッグ、ポーチ、書類入れ、名刺入れなどは、もう「当たり前」です。
「斐伊川和紙/七代目・井谷伸次の仕事」は7月31日(日)まで。営業時間は午前11時から午後7時までです。
[PR]
by bazarez | 2011-07-27 21:15 | 企画展示
<< 工作例 桜染め和紙 >>